株式会社 武松工務店
10:00〜18:30
水曜日
2017年12月18日
ブログ

日本語は難しいですね!! この意味わかります?


先日、物件調査で法務局を訪れました。

謄本を取得後、地積測量図を取得したのですが・・・

あきらかに足らないんですよ・・面積が・・

 


(2)は関係ないので171.95+17.18+17.19=206.32

30㎡も足りないなんておかしい?

と思って謄本を見直すと

「77番19ないし77番23を合筆」と書いてあるではありませんか

 

なぁーんだ23を取ってなかった

と思って23を取得


これで揃った!

と面積を確認すると・・・

ん?

5.92㎡?

まだ足りないじゃん?

法務局の方に

「あのー登記簿と実測図の面積にかなり開きがあるんですけど?」

と聞いてみると

 

 

 


「あー これは難しいですねー」

「分筆と合筆を繰り返してますし、おまけに地番変更までされているから、うまくでてくれるかなぁー」

と、奥に行ってしまい しばらく待つことに・・・


最近の法務局は、ほぼ全国の法務局がオンラインで結ばれており、取得時間もかなり早くなっておりますが、今回は待つこと30分・・・

その場所の法務局に行った割には時間がかかりましたねぇー

さて、結論は・・・・

「ないし」は「~」という意味なんです


法務局員「お待たせしましたー」

「こちらの物件は77番19ないし23を合筆しておりますので

19 20 21 22 23の測量図を合わせないと完成しません」

私「えっ?  ないしって 19と23 という意味ではないんですか?」

 

法務局員「難しくてごめんなさいね」

    「ないしは○○から○○までという意味なんですよ」

 

そもそも、4筆も5筆も合筆するなんて、あんまりないことですから

 

遭遇しなっかったんでしょうけど・・・

 


長いこと、この仕事をしていたのに

 

知らなかったことでした

 

あらためて「日本語はむずかしいなぁー」と思ってしまいました。

 

みなさんは 知ってました??

不動産は1つとして同じものがないだけに、トラブルや不具合も多種多様・・・日々勉強ですね



 

小岩の賃貸情報をご紹介している株式会社 武松工務店です



 

小岩でお部屋をお探しでしたら、
ほんの少しでも覗いてみてくださいm(__)m



 

http://www.takematu.co.jp/



 

スマホページはこちらから



 

http://www.takematu.co.jp/c/s/search.php?c=0
この記事を書いた人
武松 伸人 タケマツノブト
武松 伸人
こんにちは。社長の武松です。 不動産屋なのに工務店???? おじいちゃんは大工でした。父は一級建築士で、建築業を営んでおりました。 平成6年に52歳で急死した父の後を継ぐことも考えましたが、平成元年より地元の不動産会社で不動産の勉強をしていた私には、会社の名前とロゴ(父の名前が壽太郎です)を継いで賃貸管理と賃貸仲介を中心に会社を運営していこうと思い現在に至っております。 また、父の弟(つまり伯父さん)2人とも1級、2級建築士なので、空室のリフォーム等も行っております。 当社は地元で40年以上運営しており、父の代より地域に密着した親切・丁寧な対応を心がけ、管理物件においては、入居者の皆様が快適に暮らせるよう日々努力しております。 小岩って怖いですか???   「どこに住んでいるの?」 私 「小岩」   「小岩って怖くない?」 私 「えっ・・・どこが?」   「なんか治安とか悪そうだし・・・」   「酔っ払い多そうだし・・・」 と、こんな会話が交わされるような町ですが、 実際に住んでみると   「物価が安いので暮らしやすいよね」   「意外と自然も残っているし、    江戸川の土手のサイクリングは最高」   「年に1回だけど花火大会はあるし」   「中学三年生まで医療費は無料だし」                         etc・・・ なんとなく怖そうなイメージを持たれている町ですが、 一回住んでみませんか? いろいろお手伝いしますからーーーーー
arrow_upward