株式会社 武松工務店
10:00〜18:30
水曜日
2018年05月10日
ブログ

知らないうちに、解釈が変わっているようです!!


私も含め皆様が日常的に乗り降りしているエレベーターの法令・検査基準が知らないうちに変わっていることをご存じですか?

 

先日、エレベーターの点検業者が教えてくれました。

このボタン押し続けると、どこにつながるか知ってますか?


当ビルのエレベーターは、24時間監視を頼んでおりますので、私、てっきり三菱ビルテクノサービスに繋がると思っておりましたが・・・・

実は・・・・

管理人室にあるインターホンに繋がっているだけだそうです!!


と 

 

 

いうことは

 

 

常駐していないと、誰もでない?

 

 

ということらしいです・・・・


えっ!

 

 

じゃあ

 

 

24時間監視って

 

 

何?

 

 

と、聞いたところ

エレベーターの動きを監視しているだけなんですって!!

まぁ、最終的には遠隔監視は電話回線を利用しているため、連絡がとれる

 

のですが、時間がかかるそうです・・・

 


ということで、不意の停電や、地震・大規模災害の際に

 

(最近のエレベーターは優秀ですから、階と階の途中に止まらず

 

最寄階に停止して、扉を開けてくれるみたいですが)

 

万が一停止してしまった場合には、外部との連絡は、先のインターホン

 

となるようです。

 

 

まぁ

 

今は、携帯とかも持ってますから、何とかなるような気もいたしますが・・・

さて、ここからが本題です


こちらのパンフレットを置いて行かれたのですが・・・

 

つまり、インターホンに24時間出られる人がいないと検査が通らなくなったようです


エレベーターの外部連絡用インターホンをオーナー宅や管理人室の奥の方に設置していて、不在時にインターホンが鳴っても、通行人や周りが気づかない場所にある場合には、是正

 

つまり移設が必要なようです

 

これって

 

賃貸マンションは

 

 

結構ありますよね~~

 

 

大家さんとっては

 

 

またまた、出費がかさんでしまいますね・・・

 

 

 

 

不動産は1つとして同じものがないだけに、トラブルや不具合も多種多様・・・日々勉強ですね



 

小岩の賃貸情報をご紹介している株式会社 武松工務店です



 

小岩でお部屋をお探しでしたら、
ほんの少しでも覗いてみてくださいm(__)m



 

http://www.takematu.co.jp/



 

スマホページはこちらから



 

http://www.takematu.co.jp/c/s/search.php?c=0
この記事を書いた人
武松 伸人 タケマツノブト
武松 伸人
こんにちは。社長の武松です。 不動産屋なのに工務店???? おじいちゃんは大工でした。父は一級建築士で、建築業を営んでおりました。 平成6年に52歳で急死した父の後を継ぐことも考えましたが、平成元年より地元の不動産会社で不動産の勉強をしていた私には、会社の名前とロゴ(父の名前が壽太郎です)を継いで賃貸管理と賃貸仲介を中心に会社を運営していこうと思い現在に至っております。 また、父の弟(つまり伯父さん)2人とも1級、2級建築士なので、空室のリフォーム等も行っております。 当社は地元で40年以上運営しており、父の代より地域に密着した親切・丁寧な対応を心がけ、管理物件においては、入居者の皆様が快適に暮らせるよう日々努力しております。 小岩って怖いですか???   「どこに住んでいるの?」 私 「小岩」   「小岩って怖くない?」 私 「えっ・・・どこが?」   「なんか治安とか悪そうだし・・・」   「酔っ払い多そうだし・・・」 と、こんな会話が交わされるような町ですが、 実際に住んでみると   「物価が安いので暮らしやすいよね」   「意外と自然も残っているし、    江戸川の土手のサイクリングは最高」   「年に1回だけど花火大会はあるし」   「中学三年生まで医療費は無料だし」                         etc・・・ なんとなく怖そうなイメージを持たれている町ですが、 一回住んでみませんか? いろいろお手伝いしますからーーーーー
arrow_upward